FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エンジェル・オーバードーズ2 ISIL編』発売中です!

架空と現実が融合したサスペンス異能アクション――
『エンジェル・オーバードーズ2 ISIL編』が発売中です!

表紙2

告知が遅くなってしまいましたが現在アマゾンにて『エンジェル・オーバードーズ2 ISIL編』が発売中となっています。

一巻では第四世代兵器(G4)アザゼルを巡る争いを描きましたが、二巻はそれから四年後の世界を描いています。主人公の守人は特異戦力対策室のG4として特訓していたが、東京駅がISIL(イスラム国)によるテロ攻撃を受けてしまう。特戦はアザゼルの試験もかねてイラクに守人を派遣。守人は武装テログループと戦い快勝する。しかしそこで他国のG4と遭遇する。男は「対戦相手はお前か?」と守人に尋ね戦闘へ。
いったいイラクの地でなにが起きているのか。そこには守人たちの知らないある計画が動いていた。

という物語となっています。今作では現在イラクやシリアを中心に活動しているテロ組織ISILと架空のG4という設定が融合した世界観の上で物語が展開していきます。そのためフィクションですがサスペンスとしての緊張感が出ているかと思います。

また本作から敵キャラとしてSCPが登場します。

一巻では名前だけでしたが本作からは登場していきます。一部を紹介しますと
SCP-082食人鬼フェルナンドです。
軍事兵器として使用されている強力なSCPたちとも戦っていきます。

そして今作から新しく登場するキャラクターや設定があります。
その一つが表紙にも描かれているエフェクトスーツです。

エフェクト紹介jpg

有機金属で作られた装甲服であり守人の能力や暴走の危険性を抑えるための制御装置です。守人が持つアザゼルの力だけでも身体強化、念動力、異能耐性、精神感応、精神攻撃が可能ですが一巻の佐宝事件の教訓として全力状態ではバッドトリップの危険性があるためこのエフェクトスーツで守人の能力を制限しています。抑えられた分の力はエフェクトスーツの起動エネルギーとして使用し、身体強化、回復力の向上、また記憶障壁や映像妨害機能もあり、これにより人に見られたり映像機器に撮られてもモザイクがかかる仕様になっています。

有機金属で作られたエフェクトスーツは普段は服として使用できますが起動すると装甲状態になります。半有機素材なため有機物としての側面があり生物のように自己回復、自己耐性があるため破損しても自動で修復、耐性を身に付けます。
また金属としての側面もあるのでプログラミングを組み替えることで様々な機能を発揮できます。

G4や強力なSCPたちと戦っていく守人にとって重要なサポートアイテムとなっています。

獅子王宗作

獅子王紹介jpg


そんなエフェクトスーツを開発、製造をしたのが特戦の科学者獅子王宗作(ししおうそうさく)です。元SCP財団の科学者でありかつてから有機金属の研究を行っていました。エフェクト理論の提唱者でもあり、人に異能を与えるのではなく、物に異能を与えそれを使用する方が効率がいい、というものです。人に異能を与える手段を確立しても人だと遺伝や体質、相性から必ずしも設計通りの異能を発現させるのが難しい。それに比べ物なら同一の規格、素材、材質を用意できるので均一に異能を発現できるという理論です。

この思想の根底には誰でも異能が使える、異能を人の役に立たせたいという思いがあります。性格も気さくなおじさんという感じですが、しかし異能の研究を行うには軍事方面で成果を出さなければならない矛盾に思い悩んでおり、研究と称し守人に拷問に近い行いをしている自分に負い目を感じています。

心優しいが目的のために非情な道を歩む悲しい科学者です。

白河麗華

麗華紹介jpg

そして本シリーズのヒロインキャラ、白河麗華も今作で出てきます。一巻から四年が経ち彼女も大人っぽくなっています。気さくで明るく優しい、しかし強引で脳筋な守人のお姉さんです。趣味はぬいぐるみ集めと映画鑑賞。今作でも映画の引用セリフがちょくちょく出てきます。

「さあいくわよ、クリスマスのジョン・マクレーンのようにね!」

今作では彼女が直接戦うことはなく、守人のオペレーターとして活躍していきます。戦況を分析して助言をしたり応援したりします。
弟に普通の人生を送ってもらうために聖法教会の騎士となった彼女としては守人の現状には胸を痛めていますが、それでも彼のために頑張っていきます。


物語が本格的に動き出したエンジェル・オーバードーズ。第一巻は序章、第二巻から戦争へと突入していきます。
激しいバトルやスパイ映画のような緊張感が好きな方におすすめです!

販売先
Amazon
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。