FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DJアルトリア 2


DJアルトリア
皆さんお久しぶりです、カルデア放送オルタ本日もはじまりましたよー。


皆さんはもう今年の夏イベントはプレイされましたでしょうか? もしまだという人はぜひプレイしてみてください。今年は私が大活躍しますよ! 実はこの収録の直前までイベントの撮影してまして、正直くたくたです汗。


なにせ今回のイベントは耐久レースですからね、私といえどそりゃあ疲れますよ。


いつもイベント撮影の前にはFGO運営スタッフから説明があるんですけどね、それもけっこうぐだぐだでして。


運営「今年の夏のイベントはオタクたちから最速で金を回収する夏イベント。略して最速の夏がテーマです。皆さんには水着を着てレースをしてもらいます。ここまでで質問のある方はいらっしゃいますでしょうか」


アルトリア「あの、よろしいですか? どうしてレースをするのに水着なんですか? 危険じゃないですか? それと台本に私はメイド役と書いてますがなぜメイドなんですか? なにと関係してるんですか?」


頼光「すみません、わたくしも質問があるのですが。裏の委員長なのはいいのですが、本人も水着と書かれています。理解に苦しむのですがこれは矛盾しているのではないでしょうか?」


ノッブ「侘び寂びを愛するわしがなぜロックなんじゃ?」


ニトクリス「わたくしも質問があります。レースで優勝したらファラオの威光が増すとはどういう理屈ですか?」


運営「はい。続きましてレースの説明に移ります」


一同「あの、質問があるんですが」


そんな感じで撮影が始まったんですね。それで私としてはこの撮影に実は不満がありまして、こういの言っちゃいけないんですけど、私のパートナーがあの暴君ネロなんですよ。彼女苦手なんですよね。彼女ワガママでしょ?


レースが始まる時もね、他の選手に「オーイ! 面白いマシン持っとるやないか、乗せてくれや。ええやんか、ケチケチすんな!」て無理やり乗ってですよ、ハンドルを握るなりあいつへし折ったんですよ。「おー、悪い悪い。ワハハハ!」て去っていくんです。それを全チームにしたんですよ? この暴君めちゃくちゃだろ! ほんとにひとでなしですよ。


そんな彼女の暴挙もあって私たちスタートダッシュを決めれたんですが、しばらく走ると谷ですかね。そこにヤンキーたちとアーチャーとしては致命的な名前の女性が現れまして。この場を引き返せ、もしくは攻撃するって言ってきたんですよ。いやー、これは大変なことになった。えらいことになってしまったと思ってたんですが、そこへまたしてもネロですよ。あいつ目立ちたがり屋なんですよねー。両腕を広げて「武器を下げなさい! 地球は争いをする場所じゃないでしょう!」とか言い出したんですよ。それでも女性は「うるさい、どっちか選べ!」て言うわけですね。それでネロは納得した顔をすると「分かりました。みなさん下がってください、核を使います!」て。えええ!? おまえこの一瞬でなにがあったの!?


もう仕方がないのでね、私がモルガーンで倒しておきました。あれは疲れましたよ。


そんなこんなで走っているとその次は川でしたかね、そこでは美を判定するとか。いや〜、美ですか。美しさですか。参っちゃいましたね、というのも答えなんて出てるじゃないですか。


私でしょ?


これは他の選手がかわいそうなんでね、順位が出る前に私の不戦勝でいいんじゃないの? とも思いましたがレースということですることになったんですよ。それで審査員のロボットがポーズを取れというんでね、私はモルガーンの切っ先をロボの首筋に当て「私が一番きれいだろ?」て聞くと彼上ずった声で「はい!」言ってましたからね。これで客観的にも私が一番きれいだということが立証されてしまったわけです。いやー、申し訳ないっすね〜。


そんなこんなでレースを続けていたんです。それも最後の一本道、最終ラウンドに差し掛かりました。ここに至って全チームやる気満々です。私も負けてなるものかと熱意を燃やしてアクセルを踏み込んだんです。


そしたら橋を通る時ですか、急に谷に落とされ捕まってしまったんですよ。これには英霊一同といえどパニックでしたね。なんだなんだって。エジソンなんて「私は今パニックに陥っている! この行為に他意はない!」と叫びながらニコラに攻撃してですね、ニコラも「私は今錯乱している! これは電気の暴発だ!」て言いながらエジソンに放電してまして。そしたらエジソンが「これは発明品の暴走だ!」て叫びながら自らスイッチ押してニコラを攻撃してましたね。よほど動揺してたんでしょうね。


すると私たちはメイブの監獄に連れられていき、監禁されてしまったんですよ。

えー、レースの最中にこいつなんなんって。この場にいる全員が思ってましたけどね。するとメイブめがけノッブチームが攻撃したんですが歯が立たないんです。聞くとこの監獄では彼女の思い通りらしく絶対に勝てないらしいんですよ。


うわー、これはまずい。このままだとずっと出れない、これはやばいぞと思ってたんですよ。無敵のメイブにみんな士気がだだ下がりでね、手の打ちようがなかったんですよ。


そしたらあいつですよあいつ。

ネロがね、立ち上がったんですよ。

「止めろネロ! お前でも監獄にいる限りメイブに敵わない!」てみんなで止めたんですがあの暴君は止まりません。


そしてメイブと対峙したネロはですね、彼女に言ったんです。


「アルスターの女王よ、今すぐ我らを解放せよ。ていうかそもそもメイブなんて知名度低いしょっぱい英霊が調子に乗ってるんじゃねえよ。チーズで死んだってツイッターで拡散させるぞ」

「ふ、ふん。するならすればいいじゃない。それで私が怯むと思ったら大間違いよ!」

「マスターにもバラすぞ」

「やめてええ! マスターにはバラさないで! カルデアでどんな生活すればいいのよ! 食事にチーズが出るたび気を遣われる人間関係なんて嫌よ!」

「それとランサーのクーフーリンだけどな」

「なによ、クーちゃんは関係ないでしょ!」

「あいつ裏ではお前のこと「気持ち悪いATM」て呼んでるから」

「うわああああ!」


こうしてメイブの監獄は崩壊してですね、我々は無事脱獄できましたと。


そしてその足でここに来まして、今収録してるというわけですね〜。


いや〜

まあ〜


嘘、なんですけどね汗。


本当のイベントはですね、こんなんじゃないんで。実際の内容が気になるという方はぜひ、夏のイベント耐久レースをしてみよう!


それでは今回はこの辺で。さようなら〜。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。